卵巣嚢腫3 手術の決意

卵巣嚢腫!

2024年3月25日。
MRI検査は、前の検査が予想以上に早く終わったとのことで、予約時間前に病院に着くや否や検査室に呼ばれました。
MRI検査は2回目だったので、それほど新鮮味はなく(求めるのがおかしい)、
「大きい音が出るな」
「動かないように気をつけないとな」
と、ぼんやり思っているうちに終了。
次は4月6日。
MRI検査の結果も含めて、お医者さんのお話を聞きに行きます。

「何だか・・・」
ちょっと大ごとになっている感じがして、不安や恐怖が増している感じ。
けれど、ただ心配を感じているだけでは何も始まらないので、少しでも思考を動かすために、「卵巣嚢腫」について、インターネットで調べてみることにしました。

「卵巣嚢腫」について
卵巣にできる良性腫瘍のこと。(別名、卵巣嚢胞)
20~30歳代の女性に多い病気。
子宮の左右にある卵巣の中に袋状の腫瘍の中に「何か」が溜まった状態。
溜まった「何か」によって、いくつかの種類に分類する。
・皮様性嚢腫…脂肪、皮膚、毛髪、歯、骨などの組織がたまる
・漿液(しょうえき)性嚢腫…サラサラとした液体がたまる(理由は不明)
・粘液性嚢腫…ネバネバとした粘液がたまる(理由は不明)
・チョコレート嚢胞…子宮内膜症による古い出血がチョコレートのようにたまる
自覚症状がないことが多いが、大きくなると、下腹部の膨らみ、痛み、腰痛、便秘、頻尿などの症状としてみられるようになる。
また、大きさが5~8cm以上になると、茎捻転(ねじれ)や破裂により急激な腹痛を起こし緊急手術となる場合もある。
捻転や破裂を起こすと卵巣が壊死する危険がある。

排卵などのホルモン周期により、「機能性卵巣嚢胞」という一時的に卵巣嚢腫と同様の症状が出ることもあるが、これは自然におさまることも多いため、何度か確認する必要がある。

子宮内膜症によるチョコレート嚢胞の場合はホルモン療法で治療できるが、それ以外の場合は、経過観察をし、その大きさによって手術を検討する。
手術の場合、卵巣嚢腫のみ摘出して卵巣を残す方法と、片方または両方の卵巣や卵管を摘出する方法がある。
腹腔鏡手術が主流だが、膣からアプローチしてお腹に傷をつけないvNOTESという手術もある。
手術の場合は1週間くらいの入院が必要。

「命に関わる病気じゃないのか…」
調べているうちに、少し落ち着いてきました。
手術をすれば、自分の中にある余計な物を排除することができて、それでスッキリするんじゃん。
気持ちが固まったのが分かりました。
よし、手術しよう。決めた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました